• 小
  • 中
  • 大
  • 標準
  • 青
  • 黄
  • 黒
お知らせ
  • HOME >> 
  • お知らせ
  • 診察のご案内
  • 診療科・部門のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 救急診療のご案内

お知らせ

« 国際規格「ISO15189」を取得しました | お知らせ一覧 | 看護師(採血室専任・臨時職員)募集のお知らせ »

市川総合病院が雑誌に取り上げられました

「Osteoporosis Japan+」の巻頭PHOTOレポートに紹介されました


骨粗鬆症と加齢性運動器疾患の総合情報誌「Osteoporosis Japan+」の巻頭PHOTOレポートに当院が掲載されました。

医科と歯科との連携で二次骨折と顎骨壊死を予防する当院の取り組みが掲載されています

骨粗鬆症患者は1300万人と言われ、超高齢社会を迎えた日本にとって重要疾患の一つになっています。骨粗鬆症による骨折を契機に寝たきりになる高齢者の予後は“がん”のそれよりも悪いため、骨粗鬆症による1次骨折予防(予防)と2次予防(再発予防)が重要と言われています。当院の骨粗しょう症リエゾンサービスチームもこれを目標に活動を進めています。
また、東京歯科大学市川総合病院の特色を活かして、骨粗しょう症治療薬の副作用で起きると言われている顎骨壊死(あごの骨に炎症が広がる病気)を予防する取り組みが先進的であると特集されました。患者さんが安心して骨粗しょう症の治療を継続出来るようにする、医科-歯科連携が充実している当院ならではの活動です。当院のチームは全国にこのような取り組みが広がるように頑張っています

Opj_vol3_no3_cover_2